30代から40代の女の方が悩む「肝斑

20 1月

30代から40代の女の方が悩む「肝斑

30代から40代の女の方が悩む「肝斑」という肌トラブルがあります。両目の下の若干頬に寄ったところに好発する、まるでクマのようなシミのことです。

女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、肝臓に病変があるからといった理由ではないようです。目下、肝斑に効く飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、製薬会社や大手の化粧品メーカーより、内服用の薬が開発、発売されているのです。

肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。肌の保湿が十分できていれば、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。

肌全体の水分が十分保たれ、潤っていると水分と油分がバランス良く保持されていて、整ったきめが保たれています。しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線による肌奥部のダメージも受けにくく、シミ予防の役割も果たしています。

肌の乾燥には、シミ予防の意味からもケアを怠らないでください。シミ、そばかすなどの肌の老化トラブルを出来るだけ薄くしたいと思い、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液をつけています。

洗顔して汚れを落とした後、清潔な指先に美容液をとり、トントンとパッティングするようになじませます。使用を始めてから一ヶ月くらいでシミやそばかすが、少し目立たなくなったのが実感できて、嬉しくて、喜びの気持ちでいっぱいです。

シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。同年代よりシワが多いと感じたらこれまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみてください。

手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は気をつけたほうが良いでしょう。普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、劣化(老化)が進行しやすいです。

いままでシワがないからと思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。ただの保湿からアンチエイジングをきちんと見直してみるべきでしょう。

スキンケアのための化粧品を選ぶ際には、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まれていないことが最も大切です。例えば保存料などは大変刺激が強くかゆみや赤みをもたらすことがあり、成分表示を、きちんと確認しましょう。

また、安いからといって安易に選ばず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。

ヒアロディープパッチの口コミや効果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です